Review Vol.2 「HUG」

Vocal Review Vol.2
デビュー曲 HUG
2004.1.14 韓国発売


作詞 ユン・ジョン パク・チャンヒョン
作曲 パク・チャンヒョン



この曲は、韓国で2004年1月14日に発売されました。(舞台初出演は2003年12月26日)
「東方神起」のデビュー曲です。

ジェジュン18歳の時の歌声です。

JJは、この曲の中で、最初の出だし16小節と最後とのソロを取り中間に1フレーズだけソロを取っています。
この曲の構成は、デビュー曲ということもあり、万遍なく全員がソロを取る構成になっています。
大変親しみやすく覚えやすいメロディー構成になっていますね。

JJの声は、オーディションを受けてから、3年後の歌声です。

彼の1番安定している中音域の歌声がちょうどメロディー音域と重なっていて非常に安定した響きを奏でています。オーディションの頃に比べるとただ単に細く綺麗だった声が、若干しっかりとした芯のある響きの声に変わっていますが、まだまだ少年の声です。やっと自分の声に自信を持ち出して歌い始めたというところでしょうか。
まだまだ自分の声を披露して朗々と歌い上げていくという自信に満ち溢れたものではありません。
そうっと自分の歌をとにかく頑張って歌ってみますから、聞いて下さい…的な印象です。
すごく性格がでていますね。


彼のパートは、大きく3か所です。
最初の出だし16小節。
これはデビュー曲として、「東方神起」というグループの歌い出しでもあります。
この部分を彼が取っているということは、このグループの歌声は、『彼の音色で行く』というメッセージですね。
事実、途中彼以外のメンバーがたくさん歌いますが、最後はやはり彼の声で終わっています。
これは、彼が単にビジュアル的にセンターを取っているから…ということだけではなく、彼の声にメインヴォーカリストとしての「華」があるからに違いありません。

また、コーラス部分でもメロディーが中音域に入ってくると彼の声の音色に全体の声の音色が変化します。
それくらい彼の中音域は、特徴的な響きを持ちます。
その彼の1番いい部分を見抜いて彼がメインの楽曲構成になっていますね。

また彼の特徴である歌い出しの言葉の入りの部分(私達はセンテンスごとの歌い出しの部分をこう言います)を自然にとてもソフトに入ってきます。
歌い出しの言葉の子音(この曲で言うなら、H音になります。)がとてもきれいに入っていますね。H音の場合、強すぎたり弱すぎたりととてもコントロールが難しい子音の1つですが、綺麗に処理しています。
こういうのは、もう持って生まれたセンスとしか言いようがないところです。
仮に教えられたとしてもそのテクニックを自分の中に取り込み沢山の言葉に応用していくセンス、そして真面目さです。
真面目さがないとどんなに秀でた才能を持っていても伸びません。

彼は、歌手部門でオーディションに合格したのではなく、容姿部門で優勝しました。
彼自身も中学2年くらいまで音痴だったと言っています。

その音痴だったという片鱗は、この曲ではなく、次の2曲目「My Little Princess」に垣間見ることが出来ます。

彼の最大の武器は、素直な性格。
これに尽きると思います。
これがあったから、KIM・JAEJUNGは、ここまでの歌手になったのだと言いきれます。

次のReviewは、「My Little Princess」です。

$Kim・Jaejoong Vocal Review


$Kim・Jaejoong Vocal Review

2011年5月13日(アメブロの旧サイトにて初掲載)

◆「HUG International Ver. 」のレビューはこちら
Review Vol.6 「HUG」 International Ver.

◆「HUG」日本語版のレビューはこちら
Review Vol.8 「HUG」 Japanese Ver.

コメント

非公開コメント