Review vol.21「miss you」


Vocal Review vol.21 「miss you」
作詞:H.U.B. 作曲:鈴木大輔
日本の8枚目のシングル。
エイベックス・rhythm zoneより2006年11月8日発売


ジェジュンは、この曲の2ソロ目を担当。のっけから、完全に頭声の発声だ。
次々、ソロで歌う4人のフレーズの声を聴き比べてみるといい。全く彼の声だけが別次元の発声になっているのを感じるはすだ。
他の4人の歌声に必ず存在する地声の特徴的とも言えるノイズ音が、彼の歌声にだけは存在しない。
このノイズ音の存在が、実はハーモニーを作る時には、非常に厄介な存在になる。それぞれが持つノイズ音の波長が異なれば、それがハーモニーを崩す雑音となって存在するからだ。
彼の歌声が、誰の歌声とも非常に融和するのは、彼の声にノイズ音が存在しないからだ。ノイズ音とは、シャーシャーという掠れたような音のことを言う。これが、よくいえばハスキーな声ということになるのかもしれないし、直線的なストレートな声で、響きを感じない声にもなる原因だ。
彼の歌声を他の4人の歌声と聴き比べると、もう一つ、典型的な特徴が聞き取れる。それは、歌詞の最後の言葉の語尾が、「い」の発音で終わるところの歌いきりの響きに特徴的なものが現れる。
1番のサビ部分の彼のフレーズ「どこまでも守るから見つめて欲しい」の「い」の発音、また、2番のサビラスト「どこまでも守るから見つめて欲しい」の「い」の発音。このどちらもが、綺麗な響きで終わっている。
通常、「い」の発音は、非常に難しく、キツイ発音になりがちだ。特にフレーズの最後に「い」の母音がくる言葉の歌い方は、歌手にとって非常に厄介な代物で、歌いきりが難しい。キツイ歌いきりになってしまうと、そこだけがクローズアップされた言葉として印象に残ってしまう。頭声の発声をしていても、「い」が一番難しい母音になる。この部分を彼は見事に歌いきっている。
今回、慎重に聴き直したが、彼の歌声は、完成されていて、「Sky」から僅か3ヶ月足らずの間に完璧に頭声を身につけてきたことがわかる。
どれほど練習したのだろうかと思った。頭声を要求されたのは、彼だけだから、おそらく、メンバーのいない場所で、一人で黙々と練習を積んだに違いない。何度も何度も、練習を積み重ねたはずで、忙しいスケジュールの合間に彼だけが休憩時間や睡眠時間を削って、練習したと思われる。それを考えただけでも私は頭が下がる。そして、彼の並々ならぬ決意を感じるのだ。

Reviewを書いていて、このように彼の歌声の成長を発見出来る瞬間が一番、自分が音楽をやっていて良かったと思える瞬間だ。そして、ジェジュンという歌手の軌跡を辿ることが出来るのを幸せに思う。
彼は、最初から、努力の人だった。
真面目に努力し続ける人で、今も全く変わらない。だからこそ、歌手として、どこまでも進化し、可能性は無限に広がる。
その土台を支えるのは、この時期に彼が死にものぐるいで身につけた発声法にあることだけは、確かなことだと言える。

miss you
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント