声の変化とその背景

彼の声は明らかにOST「싫어도」以来変化した。
それはタバコによる影響が一番大きかったと思う。
彼は実際には完全に禁煙出来ていないかもしれない。ヘビースモーカーを辞めて極力吸わないようにしているだけなのかもしれない。それでもこれほどの大きな声の変化はデビューして以来、初めてのことだと私は思う。
彼の声のどの音域の部分をとってもハスキーという文字も印象も皆無だ。それは声の変化が起きてからの歌声を今までの歌声と聴き比べると明らかだ。
アルバム「WWW」での歌唱は、今の状態に比べれば如何にボリュームがなく全体的に小さくまとまっているかがわかる。
喫煙は中音域から低音域にかけての声に私は影響はないと思っていたが、こうやって聴き比べるとやはり明らかに影響は出ている。今の声に比べて伸びを欠いた声が全音域にあり、特に高音部は掠れた音色になっている。
それは、彼のデビューした頃からの特徴で、彼の声は低・中音域と高音域では異なる音色なのだとばかり思っていた。
しかし今、こうやって音色の変化を知るにつけ、やはり喫煙による影響だったのかと知る事になった。
今、彼の音色は、低音域から高音域まで何ら変わることなく一定の音色をしている。どんなに高音部を歌っても掠れることもなければ伸びを欠くこともない。何よりも全体的なボリュームもひと回り大きくなったし、響きも安定している。声の通りがよくなり抜群によくなった。中音域から声の太さが変わらずそのまま高音域まで伸びていく。これほどの安定した響きと太い響きは、かつてなかったのではないだろうかと思うのです。
掠れた高音部も魅力的だったかもしれない。
それでもその発声はいずれ掠れた部分が他音域にも広がり全体がハスキーな声になる懸念はあった。
間違った発声方法と押しつけるような歌い方によって声帯の状態は年数と共に悪い状況になる歌手は多々いる。
彼もデビュー当時の発声をしていたなら間違いなく多くの歌手と同じ道をたどったかもしれない。けれども彼は勇気を持って発声を変え、今禁煙をしようとしている。この決断によって彼の歌手生命は少なくとも20年は長くなっただろう。禁煙を実行出来れば、それは確実に彼にもたらされる結果になるだろう。

もし歌手として彼が一生歌い続けたい、もっと違うジャンルの歌にも挑戦したいと考えているなら、今の声の状態が保てるように自分を厳しく管理しなければならない。

日本でも多くの歌手がいる。その中で男女を問わず頭声で歌う歌手は、歌手生命が長い。そしてデビュー当時のキーポジションを中年以降も歌える人が殆どだ。由紀さおり、森山良子、平原綾香、森山直太朗、平井堅、布施明、小田和正など頭声で歌う歌手は安定した歌声を披露する。それに比べて多くの歌手がデビュー当時のキーポジションをキープ出来ず、ハスキーな声になり音域も年齢と共に狭くなる。
歌手の力量を図る一つの方法にキーポジションがあることは否めない。いつまでも多くのファンがデビュー当時の美声を歌手に求める。そしてデビュー曲はデビューしたときの歌声と共に記憶されたままだ。
東方神起としてデビューした5人の中で今から10年後、20年後にHUGをデビュー当時のキーポジションで何人が歌えるだろうか。彼は間違いなく歌うだろう。
そして頭声の歌手の最も強いところは、歌えない環境であっても歌声を維持することができる方法があることだ。兵役に行き、歌うことが出来なくなる2年間は、歌手にとっては過酷な状況になる。2年のブランクは決して容易に取り戻せるものではない。それでも頭声の歌手はその間もヴォイスポジションを維持できる方法がある。
それはハミングを常にすること。これはリハーサルなどで大きな声が出せない環境の時などに非常に有効な手段であり、ハミングを常にすることによって声は鼻腔にあたり、ポジションを維持することができる。また声帯というものは怠け者で、すぐに声帯の膜がだれた状態になる。それがハミングをすることによっていつも適度な緊張を保つことが出来、いつでも歌える状態を保つことが出来る。
これは地声で歌う歌手には決して出来ない。地声で歌う歌手と頭声で歌う歌手とではヴォイスポジションが大きく異なる。地声で歌う歌手は決して声が鼻腔に当たらない。その為にハミングをすれば得てして掠れたりする歌手もいる。

彼はこれからの半年と入隊後の2年間を如何に過ごすかによってその後の歌手生命に大きく影響が出ると思われる。
ソロ活動を始めて彼は自分を歌手として管理することの必要性を感じたに違いない。それはグループではなく誰にも頼ることなく一人で歌い続けていくという決意と覚悟の現れのように思う。
JYJのメンバーの一人として歌うときとソロ歌手ジェジュンとして歌うときとでは明らかに明確に歌い方も歌手としてのスタイルも変えてきている彼は、ソロ歌手として大きく成長する可能性がある。
グループ歌手からの脱却と自覚が、彼の声の変化の背景にあることは間違いないだろう。

文責
kuko


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます