Review Vol.7 Magic Castle


Music Bank-Magic Castle+Santa Claus Is Coming To Town
(残念ながら、現在この動画は再生できなくなっています)
                     
Vacal Review Vol.7 Magic Castle
「The CHRISTMAS SONG from 東方神起」収録   
2004.12.6発売

作詞・作曲  キム・ガンジン




JJがデビューした年のX'masソングです。
これは、前回の第1集アルバムから2ヶ月後に発売されたChristmas song集に収録されたオリジナル曲です。

映像を2つ上げました。
最初のは、KBSの音楽番組に出演した時の映像で、2つ目は、ご存じのとおりオルアバ1に収録されているものです。

KBSの方は最初に「Magic Castle」を歌い、その後アカペラで 「Santa Claus Is Coming To Town」を歌っています。
(残念ながら、現在この動画は再生できなくなっています)

この曲2つをよく聞き比べてみると、前回私がお話ししたJJの初期の歌唱の特徴がはっきり表れています。
すなわち、「HUG」の韓国Ver.とInternational Ver.に如実に表れている言語による発声ポジションの違いです。
その発声ポジションによってJJの声がハスキーになったり、非常にソフトで伸びやかな声になったりするという不思議な兆候がこの2曲にもはっきり表れています。

前回のコメント欄で「発声ポジション」という意味がわからなくて検索した…という事を書いて下さった方がいます。

今日は、この発声ポジションというものについて、少しお話ししたいと思います。



「発声ポジション」について

歌手は、どんな歌手でもその人それぞれの一番歌いやすい…つまり発声しやすいポジション「発声の場所」を持っています。
「発声場所」というのは、歌を歌ったときにその人の声が最大限、綺麗に響く場所の事をいいます。

これは、人それぞれ全部違います。誰一人として同じ場所はありません。
なぜなら、一人一人みな声が違い、顔の骨格も違うからです。

歌手は、正しい発声をしている人はみな、顔の口から上部鼻骨や頬骨部分、さらにおでこから頭にかけての骨格の空洞に声をあてて共鳴させて歌います。
その発声が出来なければ、よほど声帯が丈夫な人でなければ長時間歌っていれば声を潰します。
潰しても尚且つ、歌い続ければ無理な発声によって声帯にポリーブや結節(声帯の端に出来る太い節のようなもので声帯が綺麗に合わさらなくなる障害)が出来、酷い場合は手術によって取り除くことになります。症状としては、かすれた声になりますね。

少し話がそれましたが、そのような状況を避けるために歌手は、皆、自分の声帯に一番負担がかからず綺麗な声で響き、歌うことのできるところを捜します。
この作業は、大変なものです。
ほとんどの練習時間をこのポジションが身につくまでは費やさなくてはいけません。

ですから、まだ歌う技術が未熟で発声ポジションが一定しない時には、その歌その歌によって、ポジションがあっちへ行ったりこっちへ行ったりします。
「この歌では綺麗に歌えているのに、こっちの歌では、余り綺麗に歌えていない…」
そういう状況が、一人の歌手の中に起こります。
それは、メロディーの難易度だったり、歌詞によったり、言語の種類にも影響されます。

この時代のJJの歌は、残念ながらとても上手とは言えません。
そしてまさに、この時代のJJが、発声ポジションが曲によって、あっちに行ったりこっちに行ったりしているのです。


アカペラVer.では実に伸びやかに歌っています。そして、全体に音程が下がり気味なところを敏感に察知して、JJだけがソロの時に音を意識して高めに取っています。
きっとこのまま自分も他のメンバーと同じように低めにとれば、ハーモニーが壊れ(すでにちょっと不協和音が聞こえます)とんでもないことになると思ったんでしょう…。
意識して自分の所で音を高めに取ることによって一応、下がり気味のハーモニーに歯止めがかかりました。こういうところは、優れたセンスが見えます。
完全に彼によってこのヴォーカルアンサンブルは成り立っているということがはっきりわかります。
それは彼がメンバーの中で一番音程が正確だからです。
おそらく彼は絶対音感の持ち主なのではないかと思いますが、確かめたわけではありませんので何ともいえません。
発声テクニックはまだ未熟ですが、後に歌が上手になる可能性の片鱗は垣間見えていますね。


とても興味深いことですが、韓国語の歌の時の彼の発声ポジションと英語の時のそれとでは、あきらかに違うのです。
そして、日本語においては…

これは、これからのReviewの楽しみにとっておきたいと思います。

blog_import_5385ca61789b3.jpg
2011年7月4日(アメブロの旧サイトにて初掲載)

コメント

非公開コメント