Jaejoongへの手紙~最初のVocal Review


「Jaejoongへの手紙」

Dear Jaejoong

あなたのペンサイト、worldclassjjであなたのVocalについての原稿を募集していました。
私は、あなたに手紙を書くことにします。
 
私が、あなたの歌に初めて出会ったのは、去年の7月でした。
毎晩毎晩、娘から、あなたたちの歌を聞かされていました。眠い目をこすりながら(笑)

その中で、1人の声だけが、私の記憶の中に残りました。
誰が歌っているのかわからないのに、その人の声だけは、私の心に響いて、私を離さないのです。



年が明けて、私の車の中では、再び、あなたたちの歌が鳴り響いていました。
その時私は、あの…、私の心を捉えて離さなかった歌声に、再会しました。



それが、あなたとの出会いです。


あなたの声は、とても不思議ですね。



私は、長年、歌に関する仕事をしてきました。
ですから、あなたの歌声を聴けば、そのときのあなたの声の状況は、手に取るようにわかります。風邪気味だったのか、寝不足だったのか…etc.



でもあなたは、どんな状況でもそのたぐい稀な発声で歌い上げてきました。


あなたは、きっと人には言えないくらいの努力をして、その伸びやかな発声を身につけてきたのですね。
あなたの歌の特徴は、どの音域にも対応できるしっかりとした、基礎発声にあります。



あなたの声の素晴らしいところは、高い音域では、少しハスキー気味に、そして、中音域から低音域にかけては、甘く、ミルクのような濃厚な響きを奏でるところです。
中音域の声だけを聴いていると、高音域のハスキー気味な発声で歌う人物とは、別の人物が歌っているような錯覚に捉われます。

また、低音域では、どんなに低く、歌いにくいメロディーであっても、かき消されることなく、しっかりとした響きで存在しています。




私は、たくさんのいろんなジャンルの歌手の声を聞いてきました。
けれども、今まで出会った中に、あなたのような発声をする歌手を知りません。
どんなに、伸びやかな発声をしている歌手でも、どこか必ず、苦手とする音域を持っています。

特に、声に自信のある歌手で絶唱型と呼ばれるタイプは、コンサートなど何時間も歌い続けると、必ずその人の発声の弱点が出るものです。
けれども、あなたはどんなに歌い続けても、どの音域にも不安を感じたことはありません。




ほとんどの歌手は、ある音域になれば、必ず喉が詰まったような発声になり聴き手も「これ以上高い音域は、無理だな。」と感じます。

ところが、あなたの場合、それを感じたことがありません。

あなたにとって、高い音域は、どこまでもどこまでも広がっているように感じられるほど、どんなに高い音域でもまるで中音域を歌っているかのように伸びていくのです。


そして、あなたの最大の魅力は、ミルクのような濃厚さとビロードのような艶やかさを持つ中音域にあると思います。




多分、あなたは、あなたが持つ音域すべてを歌声として使うことができるテクニックを持っているのですね。

どんなに困難なメロディー展開をしても簡単に歌ってしまう裏側で、あなたがそれを身につけるためにどれだけの時間と努力を費やしてきたのかを想像するとき…



私は、歌の世界に身を置く1人として、只々頭が下がるだけです。


高音域と中音域とを、しっかりとしたテクニックでコントロールするからこそ、あなたの歌は私たちの心を掴んで離さないのだと思います。




あなたは、韓国でデビューしました。

当然母国語である韓国の歌は、あなたの表現力を最大に発揮します。
「MIROTIC」に入っている「Forgotten Season」は、あなたの得意とするバラード曲で、20年前のリメイクを感じさせないほど新鮮な響きを奏でています。



けれども、私は、あなたが最も成長したのは日本語による楽曲だったと思います。




日本語は、韓国語と違い子音で終わる単語を持ちません。

すべての言葉が、母音で終わります。

外国人が日本語を習得するとき、母音で終わる発音に、てこずることが多いです。


また日本語は、歌に最も向かない言語の1つだと言われています。
歌詞をつけるとき、1つの音符に1つの言葉ではなく、1つの文字がつくからです。
そのため、テンポの遅いバラード曲などは、ことばがバラバラになるため、日本人でも何を歌っているのか、わかりにくいことがあります。


でも、あなたは、これらの困難を見事にクリアーして歌手として進化しました。
あなた自身が言うように日本語の歌を歌うとき、声のポジションが前に出ますね。


ポジションを前に取ることで、あいまいな日本語がはっきりとした発音になります。
そして、そのことによって、あなたは高音域に新しい音色を身につけました。


「細く繊細で、美しい音色」を持った高音域です。


かつてのハスキーな高音域とは全く別の音色を身につけました。


「いつだって君に」に使われる音色と「Maze」に使われている音色は、あきらかに別のものです。




歌手が、その言語によって自分の発声ポジションを変えることほど困難なことはありません。

発声ポジションを変えることは、常に喉を傷めるかもしれない危険性をはらんでいます。


その事ができるのは、しっかりとした基礎発声が身についている歌手だけに許されていることなのです。
それを、あなたは見事にクリアーし、さらに今英語の歌に挑んでいます。
きっとこれから、あなたは、もう1つの言語を習得すると同時に新しい発声ポジションを身につけていくのでしょう。


またあなたは、韓国語でも日本語でも、ことばの意味によって声の音色を変える繊細な言語センスを発揮しています。


その能力によってあなたの歌は、ロックからバラードまであらゆるジャンルの歌を表現することができるのだと思います。




あなたの歌声に再会した時、私は1人の母親としてどん底にいました。
大学受験に失敗し浪人生活を送っている息子とは、もう何年も前から上手くいっていませんでした。

それは、どこの母親でも持つ息子への大きな期待が彼を苦しめていたのです。

毎日が、ぴんと張りつめていて…重苦しい気分に包まれていました。



自分が、息子を追い詰めていたのだと気づいたとき、私は、母親としても人間としても生きる自信を失っていました。


私にとって歌の仕事をしているときだけが心の支えでした。


そんなとき、あなたの歌に再会したのです。


長年、歌の仕事をしてきて、沢山の方から「音楽で心が癒されました」と聞いても自分の体験の中にそれはありませんでした。

なぜなら、私にとって歌は仕事だったからです。

でもあなたの歌に出会って、私は初めて「人は、音楽で心が癒される」ということを体験しました。



あなたの歌声を聴いて、涙が出ました。


あなたの声は、優しかった。


あなたの歌をむさぼるように聞きました。


あなたの声が聞こえることが私の支えでした。



それは、今も変わりません。
私は、あなたの歌によって生き返りました。


今、私は、あなたに「もっと自信を持って!」と言いたいです。



あなたは本当にやさしい。


その優しさが、歌にあふれていて私たちの心を打ちます。


いつも私たちの心に、いつのまにか、そっと寄り添って一緒に歩いてくれるのです。


でも、時にはその優しさゆえに、自己主張の激しいものにかき消されそうになります。




あなたの歌はしっかり存在しているのに、あなたの優しい遠慮がちな心が歌の存在をかき消しそうになるのです。


誰にも遠慮しないで、もっと自信を持って主張して下さい。



あなたの韓国語の歌

あなたの日本語の歌

そして、これから始まる英語の歌



どの曲を歌ってもあなたの歌の本質は変わりません。



Kim・Jaejoong という1人のアーティストの作り出す世界は



あなただけが表現できる世界です。




どうか、覚えていてください。



あなたの歌は、私たちにとってかけがえのないもの…。



あなたの歌によって多くの人が、救われていることを…。



そして、あなたが

あなた自身を愛するより深くあなたのことを愛している人がいることを…。





あなたの声は、宝物。



世界にたった1つしかない

かけがえのない宝物です。



どうか、喉を大切にしてくださいね。



あなたが歌う場所に、私は必ずいます。



From kuko            2010.10.14





「Jaejoong에의 편지」


KimJaejoong Vocal Review

2011年5月6日(アメブロの旧サイトにて初掲載)

コメント

非公開コメント