上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は、中島みゆきさんの「月1オールナイトニッポン」のオンエアーの日で、今まさに彼女のDJを聴きながらこの記事を書いています。
「Keshou」のリクエストがたくさん行って、曲がかかることを期待しながら…(笑)
中島さんの話し声はどちらかと言えば歌声に近い響きをしています。私は彼女の話し声を初めて聴いたのですが、歌声に近いヴォイスポジションで話しています。おそらく2時間も話し続けるDJの仕事の時には歌声に近い声で話されているのではないかと想像します。なぜなら中音域の歌声にとても似通った響きをしているからです。おそらく少し意識をして歌声に近いポジションで話されてると思います。
しかし歌手によっては、話し声と歌声が全く違う人がいます。

ジェジュンの歌声は、普段彼が話す声と全く異なります。
彼の話し声は低く、どちらかと言えば太い声です。ところが歌声になると全く違う。歌声になると話し声よりも細い綺麗な響きになります。
それは、彼が頭声で歌っている歌手である紛れもない証拠になります。
頭声というのは、裏声を身体を使ってブレスの力で頭まで持って上がり頭頂部に響きを当てて歌う歌い方を言います。これはクラシックやミュージカルの歌手、また演劇をする人の発声方法で非常に身体を駆使して歌う方法です。
この方法を用いる歌手は、歌うときと話す時とでは声が異なるのが特徴です。歌声は地声の延長にあるのではなく、全く異なった場所から発せられるのです。その為に地声で話す話し声と歌声とでは全く別人と思われる声を発する人が多いです。
彼の歌声はファルセット(裏声)を使って抜いて歌う歌い方から、頭声、そして地声を少し意識的に混ぜて歌う声まで多種多様な声を使うことが出来ます。それは、この頭声発声がきちんと身についている証拠に他なりません。
それらの声と話し声とでは全く異なる声になります。

今ではこれだけの歌声を持つ彼も実は最初の1年は地声で歌っていました。
「HUG」でデビューした時はもちろんの事、日本でデビューし「Begin」を歌った時は、まだ頭声ではありません。彼が頭声発声に移行していくのは、その後の「Sky」からです。この曲以降、彼は地声と頭声の間を行ったり来たりしながら次第に頭声発声を身に付けていきます。
彼が頭声発声をしていく大きなきっかけになったのが「Begin」の曲であり、「日本語の歌を歌うならもっと細い響きにして歌う必要がある」と言われ自分の元々の声を細い響きに改造していく事になります。
響きを細くすることとメインボーカルとして高い声を要求されることが相まって彼は地声の音域では対応出来ず、裏声を使って歌う方法を選択していったのだと思います。裏声では使い物にならないため、頭声発声を身につける事になったと感じます。
彼が頭声になったのはJPOPを歌っていく上での必然だったということであり、もし彼がJPOPを歌うことがなければ、メインボーカルを歌うことがなければ、地声で歌い続けていた可能性は高いのです。

彼がまだ地声で歌っていた頃の映像を見つけました。
これは「Whatever They Say」という韓国の歌です。この中でジェジュンは明らかに全編を地声で歌い、ある部分だけを裏声で歌っています。その声は、現在の歌声とは全く違うことがわかると思います。裏声も今の頭声とは全く違い、細く繊細な響きの歌声でしかありません。
この頃、彼は明らかに地声で歌っており、お世辞にも歌が上手いとは言えません。
他のメンバーと横並びの実力で声も同じようなハスキーさの勝つ声です。その声に今のような華やかさはどこにもありません。ありふれた声なのです。
その彼の歌声が1年後には大きく変わります。彼がもしこの頃の歌声のまま地声で歌うことを続けていたなら、彼はおそらくハスキーなだけの韓国的な発声をする歌手になっていたことでしょう。そして低音部はただの息漏れの声でしかなく、高音部も伸びのない押しつけるようなハスキーさの歌手になっていたに違いないのです。
地声で歌う歌手は、その歌手人生の中で何度も声を潰し、ハスキーになっていき、やがて歌声を失う人が多いのです。またはポリーブや結節といった声帯のトラブルを抱える歌手になりがちです。
しかし彼は頭声発声に変えました。
その決断によって地声を封印し、裏声で歌うことを手に入れました。頭声発声は、声帯に最も負担の少ない発声であり、声帯を痛めることもありません。頭声発声をする歌手は歌手寿命が非常に長いのが特徴です。
彼が頭声で歌い続ける限り、彼の声はまだまだ伸びます。
最近、彼の歌声が変わったと感じる人は多いのではないでしょうか。
その原因と思われる事項については、また次の機会にお話をさせていただきます。

彼の歌声と話し声が顕著に異なる良い例の映像は、「But I'm not a gay」の映像の歌声とその合間の話し声を聴き比べるとよくわかると思います。
あの映像は、そういう意味でもとても貴重な映像でした。
本来、全く音楽記事とは関係のない映像ですが、歌声と話し声を聴き比べていただくためにここに貼ります。
「Whatever They Say」の映像と一緒にお聴きくださると昔の歌声と今の歌声との違いもよくわかると思います。


文責 kuko














スポンサーサイト

【2014/08/25 04:53】 | 音楽
トラックバック(0) |


grand.makikanbow
また ひとつひとつジェジュンを学びたいと思います これからもとても楽しみです よろしくお願いいたします


mi
おっしゃるとうりこうして聞き比べると良くわかりますね~
これからももっともっとジェジュンのこと知って行きたいと思いますので宜しくお願いします!


サトサン
JJの韓国の過去映像、音源は幾つか持ってますが、kukoさんの解説を踏まえ改めて聴いてみたいと思います。
今後も楽しみにしています。


yuya
はじめまして。
kukoさんのblogいつも興味深く拝見しています。
僕は歌手を志していまして、ジェジュンさんをとても尊敬しています。
ジェジュンさんの歌声に惹かれてファンになり、僕も頭声発声を身につけようと修練していますが、裏声の成分が多くなってしまっているのか、なかなか力強い音にすることが出来なくて日々試行錯誤しています。
いつもkukoさんのblogを見ながらジェジュンさんの歌を聴いて、自分の発声法の参考にしています。
これからもジェジュンさんの分析、楽しみに待っております。


初めまして
かなた
こんにちは。他のブログからたどり着きました。アメブロの方も一気に読ませていただき、なんか感動してます。JJの話す声を最初に聞いた時の違和感。(歌と違うやん!)なるほど!そうだったのか!色々勉強になりました。
アメブロで書かれていましたね、I have nothingについて。サンクスギビングライブでは、この曲とレイニーブルーはジェジュンのソロを痛切に望みました。ジェジュンの歌声しか響かなかった。素人の私でもわかります。他の人とは違う。
まさにgifted 。
またお邪魔してもよろしいですか。


コメントを閉じる▲
昨日遅くに記事をアメブロで紹介したにも関わらずたくさんの方に来ていただいてありがとうございます。アメブロで4年していますがこちらのブログの使い方にまだ慣れなくて右往左往しています(笑)

コメントは右欄にツリーで表示してありますので、その部分をクリックして頂けるとコメント欄が開きます。お返事もそこにしています。他ブログのように記事の下に表示が出るように出来るようカスタマイズする予定ですが何分にも慣れていなくてしばらくはご迷惑をおかけするかも。アメブロでもコメントは右下のコメント欄をクリックすると表示されていましたので、その形式と同じです。たくさん拍手コメントというのも頂いていてこれも私は読めるのですが、皆さんにはどう表示されるのかわかりません。拍手をクリックすると皆さんにも読めるのでしょうか。
とにかく私自身は全て読ませていただいていますので、コメントを送ってくださった方々、本当にありがとうございます。
Facebookにリンクを貼りたいとのお申し出がありました。リンクを貼っていただくのは全く構いません。twitterでもブログでもリンクを貼ってくださって紹介して下さるのは全く構いません。以前twitterで韓国語に翻訳された私のreviewが公開されて、それをある方が日本語に翻訳されてツイで多くの方が読まれたようで、「どうもkukoさんのreview記事のようです」と何人もの方から教えていただきました。また、元記事を韓国の方に尋ねられて確かめられたら、私のreviewだったということもあって少々戸惑い気味です。他にもreviewを書かれている方はいらっしゃると思いますが、私の記事が韓国の方が書いたreviewのように紹介されて日本語に翻訳されたのを読んだときには驚きましたので、出来れば無断翻訳は避けて頂きたいなと、これは海外の方へのお願いになります。

私がreviewを書くことでそれを読んでくださった方が、彼の歌を聞きたいと思って下さると嬉しく思います。
私の書く文章が少しでも彼の歌の魅力を伝える事になればいいと思って今までも書いてきました。
彼のreview記事を書くのは私に出来るファンとして唯一のことだと思っていますので、これからも頑張って書いていきたいと思います。
末永くお付き合いくださいね。

kuko

ピアノ2-1

【2014/08/23 16:18】 | プライベートメッセージ
トラックバック(0) |


Vocal.Review1. DEAR J

作詞:김재중 作曲:회장님, 정재엽, AXQ

最初のreviewは最新曲の「DEAR J」から始めようと思う。
この「J」については誰のことなのか、何のことなのか、という何の打ち合わせもないような質問と彼の答に対してのまるで子供じみた嫌がらせの記事を読むにつけ、器の小さなもののあがきにしか聞こえないと思うのは、私の贔屓目なのだろうか。
JYJのアルバムにソロ曲が入るというのも驚いたが、過去の録音曲の寄せ集めまで入れなければならないほど低クォリティーのアルバムなら、むしろソロ曲が入った方がオンリーの私としては正直嬉しかった。


短いあっさりとした軽い楽曲の始まり。
歌いだしから中盤にかけての低音部から中音部にかけての彼の声は昔からの一貫した甘い濃厚な響きでこの部分の音域の音色が彼の声の状態を現す一つのバロメーターになる。
相変わらず歌いだしは本当に上手い。彼の歌が素晴らしいと感じるところは、歌いだしだ。歌いだしは、その楽曲の全てを決めると言われるほど歌手にとって難しく、またその力量を問われる部分と言われている。
昔から彼はこの歌いだしが抜群に上手かった。
楽曲のイントロの持つ雰囲気を壊すことなく上手く音楽に溶け込んで自然に歌いだす歌いだしの上手さは、どんな曲でも変わらない。
それはバラード、R&B、ROCK、どんなジャンルにおける曲にも共通の上手さだ。この曲も歌いだしの軽妙さで私達を引っ張っていく。
転調してから後半にかけてのサビの部分の高音部に入って歌い上げていく部分では、伸びのある声を上手く使っている。
いくつにも重ねられた彼の声によって作られるハーモニーは響きが統一していて私達の耳にとても心地いい響きを届ける。
この曲のサビを聞きながら、彼がJYJで目指した音楽はこれだったのかと感じた。
何重にも重なる声によって作られるハーモニーの世界。
ソロでは決して味わうことの出来ない世界。
私もソロを勉強しながらアンサンブルの楽しさを味わって仕事をしていた。他の人の声に自分の声を重ねていく楽しさは、経験したことがなければわからない楽しさだ。自分の声に他の声がかぶさり作られるハーモニーの広がりは魅力的で声と声とのぶつかり合いで出来る調和の取れた世界は音楽の広がりを感じさせるもの。
そういう世界を彼はJYJによって作り出したかったに違いないと思う。彼があれほどJYJの音楽活動にこだわったのは、5人時代に作り上げたハーモニーの世界の継承だったに違いない。
しかし4年経った今、その世界から大きく離れてしまった。彼が目指したものも彼が継承したかったものも今はどこにもない。実現出来なかった世界を彼はソロ曲で一人で実現したのではないのか、とこの曲を聴きながら思った。
一人の人間の声で作り上げるハーモニーの世界は完璧だ。
最後、力強く終わるハーモニーはいつまでも耳に残って心地よい。
最後の部分の彼自身の声によって作られるハーモニーの世界は、彼の具現したかった世界の象徴のような気がした。

どんなに彼が求めても、今のJYJにはハーモニーの世界を具現することは出来ない。それはこの4年間で各人が持つ歌手としての実力もクォリティーも全く異なってしまったからだ。
今のJYJの音楽からはとてもハーモニーを作り出そうというコンセプトは見られない。
そういう点でグループ音楽としては成立しない。それゆえ、私はJYJの音楽への評価が低い。

この曲で彼は一つの彼の表現したい世界を示したと言える。
一つはROCK。
この曲はJAPANROCKの流れを継承する音楽だ。
そしてハーモニー音楽。
いくつもの掛け合いといくつものヴォーカルによる声のハーモニー。
彼が一人ででも具現したかったハーモニーの世界がここにある。

文責 kuko


★お願い
最近、私の書いたreview記事が韓国語に翻訳されてtwitterや韓国のブログに掲載されたことがありましたが、転載されるときは必ず出処元をお書き下さい。review記事は私の専門家としての知識に基づいた記事ですので出処元の記載をお願いします。


JYJ ソウルコン2



【2014/08/19 18:37】 | Vocal Review
トラックバック(0) |

アカペラの魅力
アナザースカイ
kukoさんのボーカルレビュー専用の場所が出来て、これからの更新がまた楽しみになりました。
お忙しい中、ご無理のない範囲でレビューを書いて頂けたらありがたいです。

私はジェジュンを知ったきっかけが東方神起でしたので、ジェジュンのソロは言うまでもありませんが、やはり、5人でのハーモニー、取分け彼らのアカペラには本当に魅了されました。楽器音のない、彼らの声だけが奏でるメロディ。その中心に居たのがジェジュンで、あのハーモニーの素晴らしさは、またジェジュンソロとは違って彼の声に重厚感を加えたように聞こえたからだと思います。彼らのアカペラは今でも無性に聞きたくなる時があるくらいです。

3人でのハーモニーが無理なのをそこで終わりにせずに、条件が限られた中でも彼独自のやり方で見事に聞き手にその重厚感を感じさせてくれる。これこそが「アーティスト、ジェジュン」ですね。どんな環境でもそこに可能性を見出す事の出来るジェジュンはこれから一人であっても、彼の声にバリエーションを加え、様々な形に変化させて私達ファンを飽きる事なく楽しませてくれるのだと思います。

彼の進化の過程をこの場所でkukoさんのレビューと共にしかと見届けて行きたいと思います。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
アメブロ「ジェジュンに恋してる」のブログをいつも読んでくださってありがとうございます。
ブログ記事の中で私の専門分野を生かしてジェジュンの歌のreviewをこの4年、ずっと定期的に書いてきました。review記事だけを遡って読んでくださる方も多く、過去記事が多いために取り出すのが大変な状況になっていました。また、私自身も確認するのが困難な状況です。
その為に新しくこちらにreview専用のブログを作る事にしました。

ジェジュンは、遅くても来年の2月には入隊します。入隊すると殆ど情報もなくなると考えられます。彼の歌手としての才能と実力に大きな敬意を持っている私は、今までのreview記事を一新し、彼のデビューからの歌についての検証を新たに始めたいと思います。reviewを通して彼の歌の魅力を多くの方にもう一度確認していただきたいと思い、定期的にこちらにreview記事と音楽記事を更新することにします。

多くの方の訪問をお待ちしています。

kuko


j2_convert_20140820215354(縮小)




【2014/08/19 18:24】 | プライベートメッセージ
トラックバック(0) |


Yuki Sai
kukoさん
 ' ジェジュン Vocal.Review '
 ジェジュンのデビューからの一曲、一曲を、
kukoさんのレヴューと一緒に聴けるなんて。
ジェジュンの音楽専門のブロク、夢のようです。
私、読者(233号位かな?)になります。
もし、よろしければ、フェイスブックに、リンクしてもよいですか?
よろしく、お願いします。




kuko
Yukiさん
お返事をどこでしたらいいのか今ひとつわからず(笑)私自身もなれていなくて困っています。

リンクしてくださるとのこと、嬉しいです。よろしくお願いしますv-238

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
kukojj
はい、わかりました。どちらにしていただいても構いません。Yukiさんのしやすい方でどうぞ。よろしくお願いいたします。


Yuki Sai
ブログで、これからずっ~と、    
ジェジュンのいろんな歌のお話がきけますね。
楽しみにしています。ありがとう~!

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。